注文住宅で快適住まいづくり【理想の我が家を手にしよう】

不動産

家族の形に合った住まい

内観

様々な理由から注文住宅という家の形を選択する人が京都にもいますが、家族の形はそれぞれに違っています。子どもと親だけで住む人もいれば、両親とその家族の二世帯で住む人もいます。特に両親が高齢であれば、バリアフリーの環境整備も注文住宅を建てる際の重要課題になってきます。京都には他にもお店と家を一緒にしたいという人もいますが、注文住宅であればどういった形でも叶えることが出来るようになっています。設計時点から希望を言うことが出来るので、高齢者がいる家庭であればスロープや手すりの設置、バスルームへの暖房設備の設置などについても相談が出来ます。お店と併用したいという人であれば入り口を増やしたり、一般的な家族構成であれば、子どもの年齢や老後を見据えて間取りを決めたりすることが可能となります。ハウスメーカーや設計事務所と相談しながら、住みやすい設計を行なっていきましょう。

現在、京都でも障害者を持つ家族はたくさんいますが、そういった家族にも注文住宅は適しています。なぜならその障害者の状態に応じて設計を行なうことが出来るからです。目があまり良くないのであれば、転ばないように床をフラットタイプにする、体の自由があまりきかないのであれば、キッチンやバスルームなどを使いやすく作るということも出来ます。ただ京都で注文住宅を建てるとき、どの場合でも一番は予算設定が大事になってくるので、生活する上で何を優先順位の上位に持ってくるかを考えながら決めていきましょう。また設備もですが、使用素材も予算に大きく関わってくるので、それも相談しながら決めていくことが大切です。